日焼け止め。

桜も散り暖かくなってきましたね。

先日のクリニックの勉強会で日焼け止めについて学びました。
皮膚の表面にダメージを与え日焼けをおこしシミなどの原因になる紫外線B波はこれからが本番です。

紫外線の強さは6月がピークですが、
紫外線の量は5月がピークと言われています。
真夏ではないので油断しない様にしたいですね。

そして、使用量も大切です。
使用量が少ないと日焼け止めはムラになりやすく効果は半減してしまいます。

日焼け止めの適量は1平方センチあたり2mgとされており、この量をつけて初めて日焼け止めのSPF値・PA値が表示通りの効果を発揮します。顔全体だと、およそ0.8gが日焼け止めの効果的な適量となり、クリームだとパール玉位、乳液だと500円玉の大きさと同じくらいの量です。

あくまでも目安ですが、思っているよりたっぷりですよね( ̄O ̄;)

1回で塗れなければ、2回に分けて塗ったり汗をかいたらこまめに塗りなおすのが、オススメです。

顔は下地としても使えるBBタイプが人気ですが、使いやすい乳液タイプの日焼け止めも新しく入っていますので、何を使ったら良いか分からない方はスタッフにご相談下さいm(__)m

y.k

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

あおば皮ふ科スタッフ

Author:あおば皮ふ科スタッフ
横浜市青葉区にあるあおば皮ふ科のスタッフたちがつづるあんなことこんなことブログです。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR